Home > Exhibition > PAKUPAKUAN presents JAPANESE HYBRID ART and Tea Ceremony

白白庵 企画 | 阪急メンズ大阪・コンテンポラリーアートギャラリー

 
~ 茶ノ湯の先端で 生きるか死ぬか ~
If I change both the love and the hatred to the stone






~現代茶ノ湯の漂流者たち~


PAKUPAKUAN presents | Hankyu MENʼS Osaka / Contemporary Art gallery
Frontier of JAPANESE HYBRID ART and Tea Ceremony

"SHIN BOHEMIAN"





【ギャラリー開催】
 日程 2022年9月28日(水)~ 10月10日(月)《予約不要・入場無料》
 時間 平日 / 11:00 ~ 20:00 土日祝日 / 10:00 ~ 20:00
    *営業日・営業時間が変更になる場合がございます。詳しくは阪急メンズ大阪HP等でご確認下さい。
 会場 阪急メンズ大阪 3階 コンテンポラリーアートギャラリー
    〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町7-10
    TEL 06-6213-9782
    https://www.hankyu-dept.co.jp/mens/


【GALLERY exhibition】
 DATE : 2022. 9. 28 wed. - 10. 10 mon. 《No appointment required, entrance free》
 TIME : Weekday / 11:00 - 20:00 Saturday, Sunday & Holiday / 10:00 - 20:00
 VENUE : Hankyu MENʼS Osaka 3F Contemporary Art gallery
      7-10 Kakuda-cho, Kita-ku, Osaka city, OSAKA zip. 530-0017
      Phone 06-6361-1381 (main number)
 
【オンライン展示販売】 *出展作品から約70点を公開
 日時 2022年9月28日(水)12:00 ~ 11月30日(日)20:00
 会場 阪急メンズ大阪 ホームページ www.hankyu-dept.co.jp/mens/


【ON LINE viewing】 *Limited 70 works
 DATE & TIME : 2022.9.28 Wed. 12:00 - 11.30 Wed. 20:00
 VENUE : Special issues page on www.hankyu-dept.co.jp/mens/





【 移動式茶室「移民軒」での呈茶 】
Serving tea in mobile tea ceremony room “Emigrant house” produced by SANADA Daisuke from SUWA Creative Office
日時 10月8日(土)14:00 - 18:00 / 9日(日)14:00 - 18:00
呈茶 中山 福太朗(茶人)
建築家・眞田大輔氏(すわ製作所)の手掛けた移動式茶室「移民軒」を会場に設置し、作品をお買上げの方に
出展作家の茶碗で呈茶を差し上げます。
*作品購入の無い方でも、お茶の体験を希望される方には「体験料」として¥1,000をいただいた上で呈茶を
 差し上げます。
〔薄茶一服、お菓子付き / 参加費 ¥1,000(込)※作品購入者は無料〕
[Date] Oct 8 (Sat) 14:00 - 18:00, 9 (Sun) 14:00 - 18:00
[Serving tea] NAKAYAMA Fukutaro (Tea practitioner)
〔1,000JPY to Join (tea with sweets) / Free for the person who purchased an art work in the gallery.〕




移動式茶室「移民軒」(設計・眞田大輔) Mobile tea room “Emigrant house” designed by SANADA Daisuke


藤野征一郎 岩杯「竜天」#49 抹茶碗 FUJINO Seiichiro Rock cup "Dragon Heaven" #49 matcha bowl


菱田賢治 金彩屈輪紋茶碗 HISHIDA Kenji Gold glazed Scroll pattern tea bowl


伊豆野一政 がま花入 IZUNO Kazumasa GAMA (frog) flower vase


かのうたかお 茶盌 KANO Takao Tea bowl


金理有 赫彩線刻峙坊 -silent eye- KIM Riyoo Bright color line-engraved boy -silent eye-



関西のみならず日本のメンズファッションを牽引する阪急メンズ大阪において、
新たに誕生したアートギャラリー。
男のお洒落は身に着けるアイテムばかりでは無い。
古来から日本男児が誇りとともに受け継いできた美意識がある。
激動の時代に揺られながらも、唯一無二な感性を研ぎ澄ませて
力強くサバイブするアーティスト達がここに集う。
彼らこそ現代のボヘミアン。
東京・南青山のギャラリー白白庵では、
現代美術から伝統工芸まで幅広い領域の作家・作品の数々を
日本の歴史・文化の系譜の最先端に位置するものと定義し直し、

様々な国のカルチャーの影響を受けながら独自の進化を遂げてきたものとして、
「JAPANESE HYBRID ART」を提唱。
形式的なヒエラルキーが固定化された「茶道」ではなく、
見立てや目利きによって美的価値観を創出してきた「茶ノ湯」を
グローバルなステージに展開することを目指している。
今展では、白白庵主宰・石橋圭吾による監修のもと、
会場中央に移動式茶室「移民軒」(設計・眞田大輔)を設置し、
現代茶ノ湯のインスタレーションを出現させる。
欧米の最先端アートを生み出す空間「ホワイトキューブ」に対し、
日本美術を育んできた「茶室」を再興することで、
私たちの生きる時代に誇れるアート、工芸、カルチャーの数々を
世界へと堂々と発信して行きたいと考える。


A new art gallery has been created at Hankyu Men's Osaka, a leader in men's fashion not only in the Kansai region but also in Japan.
Men's fashion is not only about what they wear.
There is a sense of beauty that has been passed down with pride by Japanese men since ancient times.
Artists who are shaken by the turbulent times, but who sharpen their one-of-a-kind sensibility and survive strongly gather here.
They are the bohemians of our time.

Gallery PAKUPAKUAN in Minami-Aoyama, Tokyo, proposes "JAPANESE HYBRID ART" as a new definition of artists and works in a wide range of fields, from contemporary art to traditional crafts, as those at the cutting edge of Japanese history and culture, which have evolved independently while being influenced by cultures from many different countries.
Rather than a "tea ceremony" with a fixed formal hierarchy, the exhibition aims to bring “chanoyu,” which has created aesthetic values through MITATE likening and connoisseurship, to the global stage.

In this exhibition, under the supervision of Keigo Ishibashi, the director of PAKUPAKUAN, a mobile tea house "Migrants' House" (designed by Daisuke Sanada) will be installed in the center of the venue to create a contemporary chanoyu installation.
By reviving the 'tearoom' that has nurtured Japanese art in contrast to the 'white cube', a space that produces cutting-edge art in the West, we hope to present to the world the art, crafts and culture that we can be proud of in our own time.




木ノ戸久仁子 稀晶石壺 KINOTO Kuniko KISHOU-SEKI (artificial crystal stone) pot


前川多仁 僕がシャーマンになった日(神) MAEKAWA Kazuhito The day I became a shaman (God)


書道家 万美 掛軸「花鳥風月」 Calligrapher MAMI “KA CHO FU GETSU (Beauties of nature)”


仲岡信人 彩色灰釉銀彩香炉 NAKAOKA Nobuhito Colored ash and silver glazed incense burner


色英一 赤子ダヴィンチ -鉱月塗漆仕立- SHIKI Eiichi Baby Da Vinci / mineral moon lacquerware


篠原希 窯変水指 SHINOHARA Nozomu YOHEN (firing-denatured) water jar for the tea ceremony


 
【出展作家一覧】 Artists(敬称略・五十音順)
石田 慎
ISHIDA Makoto
(切子硝子 / 兵庫)
伊豆野 一政
IZUNO Kazumasa
(陶芸 / 埼玉)
かのう たかお
KANO Takao
(陶芸 / 京都)
木ノ戸 久仁子
KINOTO Kuniko
(陶芸 / 滋賀)

金 理有
KIM Riyoo
(陶芸 / 神奈川)

色 英一
SHIKI Eiichi
(木工・漆器 / 埼玉)
篠原 希
SHINOHARA Nozomu
(陶芸 / 滋賀)
書道家 万美
Calligrapher MAMI
(カリグラフィティー / 東京)
角居 康宏
SUMII Yasuhiro
(金工 / 長野)

髙橋 良
TAKAHASHI Ryo
(水墨画 / 滋賀)

樽田 裕史
TARUTA Hiroshi
(陶芸 / 愛知)
津田 友子
TSUDA Tomoko
(陶芸 / 京都)
寺田 鉄平
TERADA Teppei
(陶芸 / 愛知)
富田 啓之
TOMITA Hiroyuki
(陶芸 / 群馬)

仲岡 信人
NAKAOKA Nobuhito
(陶芸 / 兵庫)
菱田 賢治
HISHIDA Kenji
(陶胎漆器 / 静岡)
藤野 征一郎
FUJINO Seiichiro
(漆芸 / 石川)
前川 多仁
MAEKAWA Kazuhito
(染織 / 兵庫)


※イメージ画像及び作品画像をクリックで拡大詳細ご覧頂けます。
 

【企画・ディレクション】 Planning, Direction
 石橋 圭吾 (白白庵) ISHIBASHI Keigo (PAKUPAKUAN)



角居康宏 花器 twist II SUMII Yasuhiro Flower vase / twist II


髙橋良 ridges TAKAHASHI Ryo ridges


樽田裕史 光纏ウ TARUTA Hiroshi Wearing the light


寺田鉄平 織部蝙蝠形蓋物 TERADA Teppei Bat-shaped ORIBE glaze lidded container


富田啓之 夜光彩螺髪茶碗 TOMITA Hiroyuki Nightglow glazed spiral (Buddha's hair) tea bowl


津田友子 茶盌 蜘蛛の糸 (f-628) TSUDA Tomoko Tea bowl / Spider's thread (f-628)


石田慎 妖怪どろろ「心」抹茶碗 ISHIDA Makoto DORORO phantom / Heart / Tea bowl