Home > Exhibition > Ceramic artist HODAKA Ryuji solo exhibition

白白庵 オンライン限定企画 | PAKUPAKUAN Online Limited exhibition

 

美 を 食 ら わ ば 、 皿 ま で 。

Eat even plates if you are hungry to the beauty.

白白庵 オンライン限定企画
穂 高 隆 児 展


PAKUPAKUAN presents : ON LINE limited
Ceramic artist HODAKA Ryuji solo exhibition "Eat The World"

【 オ ン ラ イ ン 会 期 】

 日時 2021年2月6日(土)午前11時 ~ 15日(月)午後7時
 会場 白白庵オンラインショップ 《 PAKUPAKUAN.SHOP 》 内特設ページ


【ON LINE】
 DATE & TIME : 2021.2.6 Sat. 11:00am. - 15 Mon. 7:00pm.
 VENUE : Special issues page on 《 pakupakuan.shop 》




日 本 料 理 か ら 陶 芸 へ 華 麗 な る 転 身 を 遂 げ 、
見 据 え る 先 に は 自 身 の 料 理 と 器 を 提 供 す る 店 を 持 つ 野 望 。

織 部 、 朝 鮮 唐 津 、 墨 流 塩 釉 な ど 多 様 な ス タ イ ル に 貪 欲 に 挑 戦 し 、 進 境 著 し く 注 目 を 集 め る 穂 高 隆 児 。
2 0 1 8 年 に 開 催 し た 「 一 日 一 盌 」 1 0 0 0 盌 記 念 展 以 来 の 白 白 庵 で の 個 展 と な る 今 回 、
世 界 を 広 く 覆 う コ ロ ナ 禍 の 下 で 、 改 め て 人 類 と 「 食 」 の 関 わ り を 考 え る 契 機 と な る だ ろ う 。

人 が 人 で あ る 限 り 、 天 か ら の 恵 で あ る 食 物 を 盛 る 「 器 」 は 必 要 不 可 欠 で 重 要 な 存 在 で あ る 。
お 茶 、 お 酒 を 飲 む 器 、 花 を 生 け る 器 も ま た 同 じ 。
食 べ る こ と 、 飲 む こ と を 大 切 に す る か ら こ そ 、 選 ぶ べ き 器 が こ こ に あ る 。

今 を 生 き る 私 た ち は 、 今 目 の 前 に あ る 世 界 を 喰 ら う 。

He has made a brilliant transition from Japanese cuisine chef to ceramic artist.
His ambition is to open a restaurant that serves his own cuisines and vessels.

HODAKA Ryuji has made remarkable progress and gathered attention in the field of ceramic art, and has been enthusiastically challenging various styles such as ORIBE, Korean Karatsu, and salt glaze marbling.
This will be his first solo exhibition at PAKUPAKUAN since the memorial exhibition held in 2018 to celebrate the 1000th bowl for the "One Day, One Bowl" project.
This exhibition will be an opportunity to rethink the relationship between humanity and "food" in the midst of the COVID-19.

As long as we are human beings, "vessels" for serving food, which is a blessing from heaven, are essential and important.
Vessels for drinking tea and alcohol or vases for arranging flowers are the same.
Because we value eating and drinking, there are vessels to choose from.

Living in the present, we eat the world that is right in front of us.


【 白白庵オンラインショップ 期間限定 】 PAKUPAKUAN.SHOP For a limited time
彩刷毛目重箱
HDKTI005
¥40,000
織部水指
HDKTI004
¥100,000
朝焼薄器
HDKTI003
¥12,000
織部徳利
HDKSK006
¥12,000
赫織部徳利
HDKSK007
¥12,000
窯変楽黒片口
HDKSK005
¥16,000
朝鮮唐津俎板皿
HDKPL044
¥35,000
朝焼大鉢
HDKPL042
¥15,000
黒織部菱皿
HDKPL033
¥12,000
朝焼水盤
HDKSFV001
¥35,000
織部花器
HDKSFV005
¥30,000
織部花器
HDKSFV004
¥60,000

 
【 出 展 作 家 】 Artist
穂高 隆児 HODAKA Ryuji (陶芸 / 茨城・Ceramic artist / Ibaraki)

1976 横浜に生まれる
1995 高卒後、日本料理人を志し修行を始める
1999 東京芝浦牡丹に入店
2002 在スペイン日本大使館料理人として渡西、皇太子殿下等の料理を担当
2004 帰国後、芝浦牡丹副料理長に就任
2008 支店料理長に就任
2011 陶芸家を志し茨城県窯業指導所に入所
2012 窯業指導所成形課終了
2013 窯業指導課実践課終了、笠間市にて独立・築窯


instagram/dragonfish_r

1976 Born in Yokohama
1995 Started to learn to be a Japanese chef after graduation from a high school,
1999 Started to work for “BOTAN” in Shibaura, Tokyo
2002 Went to Spain as a chef of the Embassy of Japan in Spain
    In charge of meals for the Crown Prince
2004 Assigned vice chief cook of “BOTAN” in Shibaura after coming back to Japan
2008 Assigned chief cook of the branch after coming back to Japan
2011 Entered Ibaraki Prefecture Ceramic Institute (Present Kasama Colledge of Ceramic Art) to be a potter
2012 Completed modeling course at Ibaraki Prefecture Ceramic Institute (Present Kasama Colledge of Ceramic Art)
2013 Completed practical course at Ibaraki Prefecture Ceramic Institute (Present Kasama Colledge of Ceramic Art)
    Independent and established his own kiln in Kasama City

※イメージ画像及び作品画像をクリックで拡大詳細ご覧頂けます。
 
【 企画・ディレクション 】 Direction
石橋 圭吾 ISHIBASHI Keigo(白白庵 PAKUPAKUAN)
 
 
「白白庵」来訪受付(アポイントメント)の一時停止について
首都圏を中心とする今般の新型コロナウィルスの感染拡大の状況を鑑み、緊急事態宣言の発出を待たずして弊社独自の対応策を決定致しました。
◎ギャラリー「白白庵」(東京・南青山)は2月上旬までを目処に、事前予約(アポイントメント)での来訪及び関係者の不要不急の立ち入りを受け付けないこととします。ただし、今後政府及び自治体の発出する緊急事態宣言の内容に沿った対応を実施します。
上記決定内容に従い、引き続きオンラインショップサイトでの業務内容・サービスの拡充を図りながら、企画展の実施準備を進めてまいります。
これら決定事項は全て新型コロナウィルスの感染状況を見極め、東京都や各自治体・国の方針に従いながら実施いたします。
皆様の引き続きのご理解・ご協力を、スタッフ一同心よりお願い申し上げます。

【 Notice: Temporary suspension of appointments at PAKUPAKUAN 】
In light of the recent spread of the COVID-19 in the Tokyo metropolitan area, we have decided to take our own measures without waiting for the declaration of a state of emergency.
◎The gallery “PAKUPAKUAN” (Minami Aoyama, Tokyo) will not be open to visitors with prior appointments, nor will it be open to non-essential visitation by people concerned until early February.However, measures will be taken according to the contents of the emergency declaration issued by the government and local authorities.
In accordance with the above decision, we will continue to prepare for the implementation of the special exhibition while expanding our business and services on the online store site.
All of these decisions will be made in accordance with the policies of the Tokyo Metropolitan Government, local governments, and the national government, as well as the status of the COVID-19 infection.
We sincerely ask for your continued understanding and cooperation.