Home > Exhibition > TERADA Teppei solo exhibition

白白庵 企画 オンライン+ギャラリー開催 | PAKUPAKUAN presents Online + Gallery exhibition

 

~ワイルド&グルーヴィな織部スター★再び~
The 2nd coming of the wild & groovy ORIBE star ★


白白庵 企画 オンライン+ギャラリー開催
陶 芸 家 ・ 寺 田 鉄 平 個 展




PAKUPAKUAN presents
Ceramic artist TERADA Teppei solo exhibition
"ORIBEAST"


【オンライン開催】
 日時 2021年11月27日(土) 午前11時 ~ 12月6日(月)午後7時
 会場 白白庵オンラインショップ 《PAKUPAKUAN.SHOP》 内特設ページ


【ON LINE viewing】
 DATE & TIME : 2021.11.27 Sat. 11:00am. - 12.6 Mon. 7:00pm.
 VENUE : Special issues page on 《PAKUPAKUAN.SHOP》
 
【ギャラリー開催】
 日程 2021年11月27日 (土)・28日 (日)・12月4日 (土)・5日(日) 《予約不要・入場無料》
 *11月29日(月)、12月3日(金)、6日(月)はアポイント(事前予約)制でご来場いただけます。
  訪問前日の営業時間内までにお問い合わせください(メール、電話、各種SNSからのメッセージにて)。
 *マスク着用、入口でのアルコール消毒・検温必須とさせていただきます。

 時間 午前11時~午後7時
 会場 白白庵(1階エントランスギャラリー&茶室、2階サロン)

【GALLERY exhibition】
 DATE : Only Saturday & Sunday during 2021.11.27 Sat. - 12.6 Mon. 《No appointment required, entrance free》
 *Please contact us if you hope to visit gallery on Monday or Friday by mail, telephone, or message from any SNS.
 *Closed on Tuesday, Wednesday and Thursday.
 *Mask wearing, alcohol sterilization, the thermometry at the entrance are required.
 TIME : 11:00am. to 7:00pm.
 VENUE : PAKUPAKUAN (Entrance gallery at 1st floor & Tea room, salon at 2nd floor)


左:灰被窯変織部茶わん 右:黒織部切紙手茶わん Left:ORIBE glazed tea bowl covered in ashes with kiln effects Right:Black ORIBE glazed cut paper tea bowl


【酒数奇者・佐々木達郎 の「俺の酒・俺の盃」ライブ配信】
 無料配信
 11月27日(土) 午後5時~ (約45分)
 出演 佐々木  達郎 (酒数奇者 / 「酒器道楽」主宰)
    寺田   鉄平 (陶芸家)
 *白白庵Facebookページから配信します。 https://www.facebook.com/pakupakuan
 ≫ 酒数奇者・佐々木達郎 の「俺の酒・俺の盃」過去のライブ配信動画

 日本酒と作家の器の楽しみ方を提唱する「酒器道楽」主宰として、数多くの講座やイベント出演で白白庵でもお馴染みの佐々木達郎による新シリーズの第八回。
 毎回、器作家の個展に合わせてオンライン配信します(終了後もアーカイブで鑑賞可能)。
 佐々木推奨の酒屋と提携し、季節のおすすめ日本酒二種を紹介しながら、作家の器の魅力と使い心地、お酒の味わい方などを楽しくレクチャー。
 日本酒は酒屋のオンラインショップで、器作品は白白庵オンラインショップから、それぞれお求めいただけます。

【Talk live streaming by SASAKI Tatsuro (Man of well-cultivated tastes for sake) "My sake, my cups"】
 viewing free
 [Date] NOV 27 (Sat), 2021 [Time] 17:00~ (about 45min.)
 [Talk live] SASAKI Tatsuro ("Man of well-cultivated tastes for sake" / The representative of "SHUKI DO-RAKU")
      TERADA Teppei (Ceramic artist)
 *Stream on PAKUPAKUAN Facebook https://www.facebook.com/pakupakuan
 ≫ Talk live streaming by SASAKI Tatsuro, Past live streaming video.

佐々木 達郎 SASAKI Tatsuro
酒数奇者(さけすきしゃ)
旨し酒、佳き肴、粋な器。その三位一体の悦楽を設える「酒器道楽」を主宰。蔵元でのイベントや懐石料理人とのユニット、古民家や料理屋での日本酒の会、茶人や花人、ギャラリーとのコラボレーションなど小粋な宴を多数開催。おとなの、乙な所作を通して、日本酒の魅力と器遣いの愉しみを伝えます。その真髄は酒席十二相に在り。日常は「いま粋」で「日々是逍遥」


アマビエ酒器 Amabie sake pitcher 灰被窯変織部注器 ORIBE glazed sake pitcher covered in ashes with kiln effects


たとえお茶の心得が無かろうとも、名前くらいは誰しもが聞いたことのある「千利休」と「古田織部」。
近年では漫画『へうげもの』(山田芳裕・講談社)によって脚光を浴びた二人の偉人は
激動の戦乱の世の中で茶の湯を通じて全く異なる新しい流行を生み出し、後世に影響を残しました。
師匠と弟子の関係でもある二人の追い求めた世界観を音楽で表現するとすれば、
利休は重低音が地を這い鮮烈なギターリフが鳴り響く「ロック/クラシック」。
対する織部は軽妙洒脱で自由な発想で人を魅了する「ニューウェイブ/ジャズ」。
それぞれの打ち立てた美学が今なお茶の湯の世界のみならず、日本の美の象徴ともされています。

白白庵での個展は二度目となる寺田鉄平は、新しい織部焼の旗手として高い評価を得ていますが、
その世界観に通底するのは堂々とした重低音、つまりは利休的な「ロック/クラシック」の系譜でもあります。
軽やかさと奥深さ、オーセンティックとアヴァンギャルドが共存し、
焼き物初心者からベテラン茶人や数奇者まで魅了してやまない、瀬戸の若大将。
しなやかな構えから放たれる咆哮は、新たなる焼き物の美学の誕生を予感させます。

In recent years, the manga "Hyouge-mono" (YAMADA Yoshihiro, Kodansha) has brought these two great men, Rikyu and Oribe, into the limelight.
In the turbulent world of warfare, both of them created a new and completely different trend through the tea ceremony and left their influence on future generations.
If I were to use music to express the worldview pursued by these two men, who were a master and its disciple, I would say Rikyu's music is "rock/classic" with heavy bass and intense guitar riffs.
On the other hand, Oribe's music is "new wave/jazz" that attracts people with its lightness, stylishness, and free ideas.
The aesthetics established by each of them are still considered to be a symbol of Japanese beauty, not only in the world of the tea ceremony.

TERADA Teppei, who is holding his second solo exhibition at PAKUPAKUAN, is highly regarded as a standard-bearer of new Oribe ware.
His world view is based on the imposing bass sound, that is, the Rikyu-style "rock/classic" lineage.
Both "Lightness and depth" and "authenticity and avant-garde" coexist in his world.
He is the young master of Seto, Aichi prefecture, who attracts everyone from pottery beginners to experienced tea masters.
The roar emitted from his flexible stance foreshadows the birth of a new pottery aesthetic.


燻灼瓷鉢 Smoked ceramic bowl

 
瑠璃織部香炉 Lapis lazuli ORIBE glazed incense container炭化焼締花器 Scorched surface coloring flower vase


【 白白庵オンラインショップ 期間限定 】 PAKUPAKUAN.SHOP For a limited time
「茶室の獣」
"Beast in the tea ceremony room"
「酒とハグと織部と瀬戸」
"Sake, Hug, ORIBE and SETO"
「王道と獣道 ~織部焼の未来~」
"Royal road and animal trail ~Future of ORIBE ware~"

 
【 出 展 作 家 】 Artist
寺田 鉄平 TERADA Teppei

(陶芸家 / 愛知県在住)
【略歴】
1975 愛知県瀬戸市生まれ
1998 東京造形大学彫刻科卒業
2000 朝日現代クラフト展・入選
2006 朝日陶芸展・入選
ユネスコ「The Blue of Samarkand」陶芸シンポジウム招待(ウズベキスタン)
2009 京畿道世界陶磁ビエンナーレ(韓国)・入選
2011 第9回国際陶磁器展美濃(多治見市)・入選
第13回東京・ニューヨーク姉妹都市交流陶芸コンテスト(ニューヨーク)・佳作
2013 第1回藤四郎トリエンナーレ(瀬戸市)・入選
2016 第2回藤四郎トリエンナーレ(瀬戸市)・入選

公式サイト https://www.teradabizan.com/teppei

Ceramic artist / Resident in Aichi pref.
【Brief personal history】
1975 Born in Seto City, Aichi Prefecture
1998 Graduated from Sculpture Major ‒ Department of Fine Arts, Tokyo Zokei University
2000 Selected, “ASAHI MODERN CRAFT EXHIBITION”
2006 Selected, “Asahi Ceramic Art Exhibition”
Invited to Ceramic Symposium of UNESCO “The Blue of Samarkand” (Uzbekistan)
2009 Selected, “Gyeonggi International Ceramic Biennale” (South Korea)
2011 Selected, “The 9th International Ceramic Competition Mino” (Tajimi City, Gifu)
Fine Work, “13th Tokyo - New York Friendship Ceramic Competition” (New York, USA)
2013 Selected, “The 1st TOSHIRO Triennale” (Seto City, Aichi)
2016 Selected, “The 2nd TOSHIRO Triennale” (Seto City, Aichi)

※イメージ画像及び作品画像をクリックで拡大詳細ご覧頂けます。
 
【 企画・ディレクション 】 Planning, Direction
石橋 圭吾 (白白庵) ISHIBASHI Keigo (PAKUPAKUAN)


窯変織部茶わん Kiln modulated ORIBE tea bowl 織部茶わん ORIBE tea bowl

アマビエ酒器&白虎酒器 Amabie sake pitcher & White tiger sake pitcher