Home > Exhibition > KANO Takao solo exhibition

白白庵 オンライン+アポイントメント限定企画 | PAKUPAKUAN Online + Appointment Limited exhibition

 

焼いて、描いて、歌い踊ろう。
Let’s fire, paint, sing and dance.


白白庵 オンライン+アポイントメント企画
陶 芸 家 ・ か の う た か お 個 展




PAKUPAKUAN presents | Ceramic artist KANO Takao solo exhibition
"Jam on the ground"


【オンライン会期】
 日時 2021年7月24日(土)午前11時 ~ 8月2日(月)午後7時
 会場 白白庵オンラインショップ 《PAKUPAKUAN.SHOP》 内特設ページ


【ON LINE】
 DATE & TIME : 2021.7.24 Sat. 11:00am. - 8.2 Mon. 7:00pm.
 VENUE : Special issues page on 《PAKUPAKUAN.SHOP》
 
【アポイントメント】
 日程 2021年7月24日(土)~ 8月2日(月)のうち、金・土・日・月曜日 限定
 *今会期のアポイント受付日は、7月24日(土)~26日(月)、30日(金)~8月2日(月)
 時間 午前11時~午後7時 の間で 一時間枠
 *一時間を上限とする来訪枠を設定し、各枠内で最大2名までの受付といたします。
 *3名様以上でのグループのご来訪はお断りします。
 *アポイントは訪問前日の営業時間内迄の予約受付を必須とさせて頂きます。(メール,電話,各種SNSからのメッセージにて)
 *マスク着用、入口でのアルコール消毒・検温必須。
  感染症予防対策を万全に講じ、事前予約のある方のみ来場可能とさせていただきます。

 会場 白白庵(1階エントランスギャラリー、2階サロン)

【Appointment for visiting PAKUPAKUAN gallery】
 DATE : Only Friday, Saturday, Sunday, Monday and National holidays during 2021.7.24 Sat. - 8.2 Mon.
 TIME : 1 hour during 11:00am. to 7:00pm.
 *Only less than 3 people will be accepted in each time schedules.
 *We do not give the permission to visit to our gallery if visitors will be over 3 members.
 *Please contact us if you hope to visit us, until in business hours (11:00-19:00) of the day before visit (mail, telephone, or message from any SNS).
 *Mask wearing, alcohol sterilization, the thermometry at the entrance are required.

 VENUE : PAKUPAKUAN (Entrance gallery at 1st floor, salon at 2nd floor)
 
【酒数奇者・佐々木達郎 の「俺の酒・俺の盃」ライブ配信】
 無料配信
 7月24日(土) 午後5時~ (約45分)
 出演 佐々木  達郎 (酒数奇者 / 「酒器道楽」主宰)
    かのう たかお (陶芸家)
 *白白庵Facebookページから配信します。 https://www.facebook.com/pakupakuan

 日本酒と作家の器の楽しみ方を提唱する「酒器道楽」主宰として、数多くの講座やイベント出演で白白庵でもお馴染みの佐々木達郎による新シリーズがいよいよスタート。
 毎回、器作家の個展に合わせてオンライン配信します(終了後もアーカイブで鑑賞可能)。
 佐々木推奨の酒屋と提携し、季節のおすすめ日本酒二種を紹介しながら、作家の器の魅力と使い心地、お酒の味わい方などを楽しくレクチャー。
 日本酒は酒屋のオンラインショップで、器作品は白白庵オンラインショップから、それぞれお求めいただけます。

【Talk live streaming by SASAKI Tatsuro (Man of well-cultivated tastes for sake) "My sake, my cups"】
 viewing free
 [Date] JULY 24 (Sat), 2021 [Time] 17:00~ (about 45min.)
 [Talk live] SASAKI Tatsuro ("Man of well-cultivated tastes for sake" / The representative of "SHUKI DO-RAKU")
      KANO Takao (Ceramic artist)
 *Stream on PAKUPAKUAN Facebook https://www.facebook.com/pakupakuan

佐々木 達郎 SASAKI Tatsuro
酒数奇者(さけすきしゃ)
旨し酒、佳き肴、粋な器。その三位一体の悦楽を設える「酒器道楽」を主宰。蔵元でのイベントや懐石料理人とのユニット、古民家や料理屋での日本酒の会、茶人や花人、ギャラリーとのコラボレーションなど小粋な宴を多数開催。おとなの、乙な所作を通して、日本酒の魅力と器遣いの愉しみを伝えます。その真髄は酒席十二相に在り。日常は「いま粋」で「日々是逍遥」




京焼をバックグランドに、アフリカでの体験を経て独自の「ルーツ」を掘り下げる陶芸家・かのうたかお。
白白庵での4回目の個展となる今回は、最新の「野焼」シリーズを初公開するほか、近年の未発表作品・レア作品を白白庵主宰・石橋圭吾が自らセレクトしてお見せします。
さながら、かのうたかおの「NEW HITS & RARE TRACKS」とでも呼べそうな「A面 / B面」をお楽しみいただけることでしょう。

特に新作の「野焼」作品では、人類の歴史上・焼き物の原点とされる「野焼」の焼成方法を活用し、同じく人類史上脈々と継承される「絵を描く」という行為を組み合わせ、時空を超えたプリミティブ(原始的)かつプライマル(根源的)な陶芸作品の現代版を提示します。

人類が神から与えられた最も重要なギフトである「火」を用いて、大地の血肉である「土」を焼くという行為。
古来から洞窟の壁画や建造物・古代紙に残されてきた、人類の記録としての「絵を描く」という行為。
かのうは壮大な歴史の中に連綿と続くそれぞれの行為にロマンを感じ、「祈り」を見出してきました。

コロナ禍を脱しきれない中で敢行される東京オリンピックの最中、ここ外苑前の閑静な一角で悠久の陶芸の歴史の上に奏でられる、ユーモラスでファンキーなジャムセッションが響き渡ります。
SPORTSと同じく人類に欠かせないARTの楽しさを、東京から世界中の皆様にお届けします。


KANO Takao, a ceramic artist with a background in Kyoto pottery, has dug deeper into his unique "roots" through his experiences in Africa.
This will be his 4th solo exhibition at PAKUPAKUAN, and he will be showing his latest "NOYAKI (pit firing pottery)" series for the first time.
In addition, ISHIBASHI Keigo, the director of PAKUPAKUAN, personally selects and shows unpublished and rare works from recent years.
You will be able to enjoy the "A-side / B-side" of "NEW HITS & RARE TRACKS" by KANO Takao.

In particular, the new work "NOYAKI" utilizes the firing method of "NOYAKI (pit firing pottery)," which is considered to be the origin of pottery in human history. He combines NOYAKI with the act of "painting," which has also been handed down from generation to generation in human history, in order to present a modern version of primitive and primal ceramic works that transcend time and space.

The act of using "fire," the most important gift given to mankind by God, to burn "earth," the flesh and blood of the earth.
The act of "drawing" as a record of humanity, which has been preserved in cave murals, buildings, and ancient paper since ancient times.
KANO has found romance and "prayer" in each of these acts, which have continued throughout the grand history of humanity.

In the midst of the Tokyo Olympic Games, which are being held under the COVID-19, a humorous and funky jam session based on the long history of ceramics will be run in a quiet corner here in Gaienmae area.
From Tokyo, we will bring the joy of ART, which is as essential to humanity as SPORTS, to people all over the world.


招き招き猫 The Beckoning Cat with One-Thousand-Arms (2015) 酒器・ぐい呑各種 Sake pitcher & Guinomi (sake cups)(various ages)

PTF皿 Primitive, Traditional & Futuristic plate(2018~)

PTF水指 Primitive, Traditional & Futuristic water jar for the tea ceremony(2018-) 古代紋蚊遣器 Device to repel mosquitoes by fumigation, with Ancient graphic pattern(2017)


【 白白庵オンラインショップ 期間限定 】 PAKUPAKUAN.SHOP For a limited time
かのうたかお KANO Takao 《Jam on the ground》NEW HITS "NOYAKI" / 新作・野焼作品コレクション
かのうたかお KANO Takao《Jam on the ground》RARE TRACKS & DEAD STOCKS - from last 5 years - / 5年間の掘り出し・蔵出し作品コレクション

 
【 出 展 作 家 】 Artist
かのう たかお KANO Takao

(陶芸家 / 京都府在住)
【略歴】
1974 京都生まれ
1998 京都精華大学美術学部造形学科陶芸専攻 卒業
1998~2001 青年海外協力隊隊員として西アフリカ・ニジェール共和国にて作陶指導(陶磁器隊員)
【受賞】
2008 「第八回国際陶磁器展美濃」・銀賞
2013 第一回『天祭 一〇八』「増上寺現代コレクション」・グランプリ
2020 第一回『壺1グランプリ』・グランプリ(白白庵)

Ceramic artist / Resident in Kyoto pref.
【Profile】
1974 Born in Kyoto
1998 Graduated from Ceramics Course at Faculty of Art, Kyoto Seika University
1998-2001 Gave guidance on making ceramics as a Japan Overseas Cooperation Volunteers (JOVC) at Republic of Niger in West Africa
【Awards】
2008 Silver Prize, "The 8th International Ceramics Competition Mino"
2013 Grand Prize, "Zojoji Contemporary Collection" at "!st Tensai 108" (Zojoji Temple / Tokyo)
2020 Grand Prize, "1st TSUBO-1 Grand Prix" (PAKUPAKUAN / Tokyo)

※イメージ画像及び作品画像をクリックで拡大詳細ご覧頂けます。
 
【 企画・ディレクション 】 Planning, Direction
石橋 圭吾 (白白庵) ISHIBASHI Keigo (PAKUPAKUAN)


茶盌 Tea bowl(2018) 壺 The pot(2019)

香合 各種 Various incense containers(2015~)