Home > Exhibition > OHTSUKI Kana solo exhibition

白白庵 オンライン+アポイントメント限定企画 | PAKUPAKUAN Online + Appointment Limited exhibition

 

た ゆ た う も の と 、 ゆ る が な い も の 。
Floating things and Stable things are coexisting in our mind.


白白庵 オンライン+アポイントメント企画
大 槻 香 奈 個 展



PAKUPAKUAN presents
OHTSUKI Kana solo exhibition "CLOUDS & STONES" 2021



【オンライン開催期間】
 日時 2021年4月24日(土)午前11時 ~ 5月5日(水・祝)午後7時
 会場 白白庵オンラインショップ 《PAKUPAKUAN.SHOP》 内特設ページ


【ON LINE VIEWING】
 DATE & TIME : 2021.4.24 Sat. 11:00am. - 5.5 Wed. 7:00pm.
 VENUE : Special issues page on 《PAKUPAKUAN.SHOP》
 
【ギャラリー来訪アポイントメント】
 日程 2021年4月24日(土)~ 5月5日(水・祝)のうち、金・土・日・月曜日 及び 祝日 限定
 *今会期のアポイント受付日は、4月24(土)~26日(月)、29日(木・祝)~5月5日(水・祝)
 時間 午前11時~午後7時 の間で 一時間枠
 *一時間を上限とする来訪枠を設定し、各枠内で最大2名までの受付といたします。
 *3名様以上でのグループのご来訪はお断りします。
 *アポイントは訪問前日の営業時間内迄の予約受付を必須とさせて頂きます。(メール,電話,各種SNSからのメッセージにて)
 *マスク着用、入口でのアルコール消毒・検温必須。
  感染症予防対策を万全に講じ、事前予約のある方のみ来場可能とさせていただきます。

 会場 白白庵(1階エントランスギャラリー、2階サロン)
 予約 info@pakupakuan.jp, TEL 03-3402-3021, facebook, twitter, instagram


【Appointment for visiting PAKUPAKUAN gallery】
 DATE : Only Friday, Saturday, Sunday, Monday and National holidays during 2021.4.24 Sat. - 5.5 Wed.
 TIME : 1 hour during 11:00am. to 7:00pm.
 *Only less than 3 people will be accepted in each time schedules.
 *We do not give the permission to visit to our gallery if visitors will be over 3 members.
 *Please contact us if you hope to visit us, until in business hours (11:00-19:00) of the day before visit (mail, telephone, or message from any SNS).
 *Mask wearing, alcohol sterilization, the thermometry at the entrance are required.

 VENUE : PAKUPAKUAN (Entrance gallery at 1st floor, salon at 2nd floor)
 RESERVATION : info@pakupakuan.jp, TEL 03-3402-3021, facebook, twitter, instagram
 
【インスタライブ配信】
 全3回 無料配信
 ◎4月24日(土)17:30~(約1時間) 会場より 大槻香奈、青山泰文(白白庵)
  *白白庵インスタグラムにてご覧いただけます。 https://www.instagram.com/pakupakuan/
 ◎4月25日(日)14:00~(約1時間) 作品解説 大槻香奈
  *大槻香奈インスタグラムにてご覧いただけます。 https://www.instagram.com/kanaohtsuki/
 ◎4月29日(木)14:00~(約1時間) 対談 大槻香奈、木ノ戸久仁子(陶芸家)
  *白白庵インスタグラムにてご覧いただけます。 https://www.instagram.com/pakupakuan/


【Instagram live streaming program】
 3 times / viewing free
 ◎Apr 24 (Sat) 17:30- (1 hour) [from gallery] OHTSUKI Kana, AOYAMA Yasufumi (PAKUPAKUAN)
  *Stream on PAKUPAKUAN instagram https://www.instagram.com/pakupakuan/
 ◎Apr 25 (Sun) 14:00- (1 hour) [Artist talk] OHTSUKI Kana
  *Stream on OHTSUKI Kana instagram https://www.instagram.com/kanaohtsuki/
 ◎Apr 29 (Thu) 14:00- (1 hour) [Artist talk] OHTSUKI Kana, KINOTO Kuniko (ceramic artist)
  *Stream on PAKUPAKUAN instagram https://www.instagram.com/pakupakuan/



画家・イラストレーターとして活躍し、幅広い世代へ影響を及ぼしている大槻香奈。
白白庵の前身「neutron」でデビューして以来、数多くの精力的な活動を行っています。

少女という代表的なモチーフを通じて現代日本の有り様を描き続け、
2011年の震災では大きなショックを受けながらも、その後に続く制作のテーマを見出し、
常に時代の先を見る預言者のような俯瞰的な視野で作品を生み出しています。

その大槻が、今人類が直面する新型コロナウィルスの蔓延を受けて新たな創作に挑んでいます。
本来なら昨年の同時期に開催する予定だった個展を一年延期し、最新の考えを温め、
待望の新作個展を慣れ親しんだギャラリー空間とオンラインで開催することになりました。

今回、大槻香奈が2017年に白白庵の企画で二人展を行った相手の陶芸家・木ノ戸久仁子に声をかけ、
木ノ戸の制作テーマである「石」を自身のテーマと響き合わせ、新たなビジョンを得ようと試みます。
会場では実際に木ノ戸作品とのインスタレーションを展開。オンラインでももちろんご紹介します。

折しも蔓延防止措置の状況下ではありますが、今この時だからこそ生まれる作品をお楽しみ下さい。


OHTSUKI Kana is a painter and illustrator who has influenced a wide range of generations.
Since her debut at gallery neutron, the predecessor of PAKUPAKUAN, she has been active in a number of energetic activities.

She continues to depict the state of contemporary Japan through the representative motif, “girls”.
Although she was shocked by the earthquake in 2011, she found a theme for her subsequent works, and has created works from a panoramic viewpoint like a prophet who always looks ahead to the future.

OHTSUKI is now taking on the challenge of creating a new work in response to the spread of COVID-19 that humanity is now facing.
Originally this solo exhibition was scheduled for the same period last year, but we postponed her solo exhibition for a year. She has been working on her latest ideas and the long-awaited solo exhibition will be held in her familiar gallery space and online.

This time, OHTSUKI Kana approached the ceramic artist KINOTO Kuniko, with whom she had the joint exhibition of them at PAKUPAKUAN in 2017, and attempted to create a new vision by echoing KINOTO's theme, "stone".
At the venue, the installation with KINOTO's works will be shown. Of course, it will also be presented online.

We hope you will enjoy the works that can only be created at this time, even under the semi-emergency measures.


「腑に集まる」 Gathering in the guts 2021 / H14×W18×D2cm / 紙、アクリル、えんぴつ

「浮きいし」 Floating stone 2021 / H18×W14×D2cm / 紙、アクリル

「手のなかにふたつ」 Two in my hands 2021 / H14×W18×D2cm / 紙、アクリル

 

「 雲 と 石 - 2 0 2 1 - 」


 この度『雲と石』という個展を行う。今回のテーマは、ひとことで言うなら「心」だ。私は現象を捉えようとするとき、ひとまず「移り変わりゆくもの」と「変わらずそこに留まり続けるもの」でできていると考える。人の心についても同様に、「雲のように移り変わっていく捉えどころのなさ」と、「石のようにかたく決意しぶれないでいること」のふたつの性質を併せ持つものだと考える。前者は当てにならなさ、後者は勇気を持つこと、と言い換えても良いかもしれない。それらを行き来しながら、そのバランスをとるなかで、本当の意味で人は自由になっていくと感じている。

 私は今回の展示を通して、目には見えない心の在処を解き明かしたいと考えている。そのひとつのきっかけとして2020年に突如降りかかったコロナ禍がある。コロナによって、私が長年制作テーマとしてきた「から」(空・殻)という概念が大きく揺るがされたのだ。

 「から」は中身のない器をイメージすることで、その概念を育ててきた。私の心の空虚さをそこにみると同時に、一方でそこから何か新しいものが生まれる可能性を示す卵の殻的なイメージもあり、自身の精神におけるネガティブとポジティブの両面を表してきた言葉だった。

 そもそも私の中に「から」の概念が生まれたのは、2011年の東日本大震災がきっかけに日本の空虚さが改めて露呈したショックによるものだった。震災によって街を抱えていた器が崩壊し、未来のために新たな器を生成しなければならなくなったとき、私はその事象に対して自分の身体ごと感情移入し、「から」を制作テーマの中心に据える必要があったのだ。
 しかし昨年、2020年のコロナ禍はそれとは全く違った性質のショックをもたらした。震災のような器の崩壊ではなく、「人間という空っぽの器の中に強制的に得体の知れない中身が入り込んできた」ようなショック。震災と疫病、どちらも人間の生命を脅かす自然現象だが、肉眼で確認できないコロナウイルスは、目に見えないことによって人々を混乱させていたように思う。私も例外ではなく、見えない恐怖を感じていた。今もなおコロナ禍は続いているが、時が経つにつれ、コロナの得体の知れなさは、捉えどころを持たない私たちの「心」のようではないかと考えるようになった。

 私にとって、目には見えない心の在処を身体という器の中に実感するのはとても難しい。けれども強制的に身の危険をもたらすものが内側に侵入した時、そこにあるかもしれない「心」の形を確かめられそうな気がしてくる。このコロナの状況下、私が絵画を通してなすべきことは、これまでのような自分という器の外壁としての「から」の形を確かめ安心することではなく、得体のしれない内側、恐れを抱きながらもその中身について、もっと向き合うことではないか?と。

 そうして私は、心らしきものを見つめるため、いま自分の絵画に必要なモチーフは何かと考えた。そうして直感的に辿り着いたのが、陶芸作家の木ノ戸久仁子氏による石の作品『稀晶石』だった。陶芸の手法により石が人工的に作られることによって「自然」と「意志」、両極端なふたつの領域をひとつの物質の中に持ち合わせる『稀晶石』は、私の考える心の性質である『雲と石』を体現しているように思えたのだ。

 今回、作品の中に心そのものは存在しない。心は鑑賞者の中にあるもので、私が作るのは、心が存在する場所に触れることができる装置としての絵画だ。「身体の器」の中にある「心の器」、「から」の中に存在する新たな「から」との出会いを表現する。いずれ移ろいゆくことを知っていて、それでも現状そこに留まっている「心」について、いま絵画を通して触れることができたのなら、とても幸いに思う。

2021年4月 大槻香奈


※『雲と石』個展は2010年に一度、白白庵の前身である neutron kyoto にて行われた。今回の個展はその2021年版である。


"CLOUDS & STONES" 2021

I am going to hold a solo exhibition called "CLOUDS & STONES". The theme of this exhibition can be summed up in one word: "mind". When I try to understand a phenomenon, I think that it is made up of "things that change" and "things that stay the same". In the same way, I think of the human mind as having two characteristics: "elusive state shifting like a cloud" and "determined and unshakable state like a stone". The former may be described as unreliability, and the latter as having courage. I feel that people become free in the true sense of the word as they move back and forth and find a balance between two of them.

Through this exhibition, I hope to reveal the invisible position of the mind. One of the triggers for this is COVID-19 that struck suddenly in 2020. COVID-19 greatly shook the concept of "kara" (empty, shell), which has been a theme of my works for many years.

I had developed the concept of "kara" by imagining a vessel without contents. I see the emptiness of my heart in it while it has the image of an eggshell that shows the possibility of something new being born from it. The term, "kara", has expressed both the negative and positive sides of my psyche.

The concept of "kara" was originally born in my mind because of the shock of the Great East Japan Earthquake in 2011, which exposed the emptiness of Japan once again. When the vessel that held the cities collapsed due to the disaster and a new vessel had to be created for the future, I had to empathize with the event through my whole body and need to place the term, "kara", at the center of my production theme.

Last year, however, the COVID-19 in 2020 brought a shock consisting of a completely different nature. It was not the collapse of a vessel as in the case of the large earthquake, but a shock as if "an unknown substance had forcibly entered the empty vessel called human beings". Both the earthquake and the epidemic are natural phenomena that threaten human life, but COVID-19, which cannot be seen with the naked eye, seems to have confused people by being invisible. I was no exception and felt the fear of invisibility. The scourge of COVID-19 continues to this day, but as time goes by, I have come to think that the unknowability of COVID-19 is similar to our elusive "mind".

For me, it is very difficult to realize the location of my invisible mind in the vessel, that is, my body. However, when something forcibly invades my body to expose me to danger, I feel as if I can confirm the shape of the "mind" that may be there. In this situation of COVID-19, what I should do through painting is not to confirm and reassure the form of "kara" as the outer wall of the vessel called my body, as I have done so far, but to face more the elusive inside and its content even while being afraid.

Then I thought about what motifs I needed in my paintings to look at what seemed to be "mind". This led me intuitively to the stone work "KISHOU-SEKI (artificial crystal stone)" by ceramic artist KINOTO Kuniko. By artificially creating stones using ceramic techniques, "KISHOU-SEKI" combines the two extreme realms, "nature" and "will", in a single material. And I felt that it embodied my idea of the nature of mind, "CLOUDS & STONES".

This time, the mind itself does not exist in the work. The mind is inside the viewers, and what I am creating is a painting as a device that allows the viewers to touch the place where the mind exists. I express the encounter with "the vessel of the mind" inside "the vessel of the body", and also the new form of "kara" that exists inside "kara". I would be very delighted if I could touch the "mind", that I know will eventually change but still stays there, through my paintings.

OHTSUKI Kana, April 2021

※The solo exhibition "CLOUDS & STONES" was held once in 2010 at neutron kyoto, the predecessor of PAKUPAKUAN. This solo exhibition is its 2021 version.

 

「雲と石 - 01」 Clouds and stones - 01 2021 / H12.8×W17.8×D2.5cm / 紙、アクリル、えんぴつ

「雲と石 - 02」 Clouds and stones - 02 2021 / H17.8×W12.8×D2cm / 紙、アクリル、えんぴつ

「雲と石 - 03」 Clouds and stones - 03 2021 / H12.8×W17.8×D2.5cm / 紙、アクリル、えんぴつ


【 白白庵オンラインショップ 期間限定 】 PAKUPAKUAN.SHOP For a limited time
「雲」作品
"CLOUDS" works
「石」作品
"STONES" works
「から」作品
"KARA (SHELLS)" works
木ノ戸久仁子 作品
KINOTO Kuniko works
アーカイブブック
ARCHIVE BOOK

 
【 出 展 作 家 】 Artist
大槻 香奈 OHTSUKI Kana (画家・イラストレーター・美術作家 / 京都)

【プロフィール】
1984年生まれ
2007年より活動をスタートし、国内外問わず様々な展覧会に参加。
現代日本を「蛹」的に捉え、そこで生まれゆくものと死にゆくもの、またそれらを内包する世界の姿を客観的視点で描く事を試みている。
代表的シリーズであるアクリルで描かれた少女のポートレートをはじめ、抽象表現、立体、イラストレーションなど、年々表現の幅を広げている。

Painter, Illustrator, Artist
【Profile】
Born in 1984
Made her debut in 2007, and has participated in various exhibitions whether domestic or foreign
She captures contemporary Japan as “pupa” and attempts to draw the world including what to be born and what to be dying from an objective viewpoint.
Not only her representative series of girls portraits drawn by acryl, but also she has widen the range of expressions such as abstract expression, 3D work, and illustration.

【 ゲ ス ト 作 家 】 Guest artist
木ノ戸 久仁子 KINOTO Kuniko (陶芸家 / 滋賀)

【プロフィール】
1976 滋賀県に生まれる
1995 登り窯窯元宗陶苑にて作陶を始める
    若手オブジェ集団SEEDSに参加
1998 ニュージーランドにて一年間作陶
2001 信楽窯業試験所釉薬科 修了
現在、比叡平(滋賀県)にて制作

Ceramic artist
【Profile】
1976 Born in Shiga Prefecture
1995 Started to make ceramics at Climbing Kiln Pottery Soutouen
    Joined the ceramic artist group “SEEDS”
1998 Made ceramics for 1 year in New Zealand
2001 Completed the Graze Course at Industrial Research Center of Shiga Prefecture
2011~ Established a kiln at Hieidaira, Shiga pref.

※イメージ画像及び作品画像をクリックで拡大詳細ご覧頂けます。
 
【 企画・ディレクション 】 Direction
石橋 圭吾 (白白庵) ISHIBASHI Keigo (PAKUPAKUAN)


「手のなかに山」 A mountain in my hands 2021 / H27.3×W27.3×D2cm / 紙、アクリル