Home > PAKUPAKUAN Announcement
【《重要》店舗営業休止ならびに今後の対応策について】
白白庵に関わる全ての親愛なる皆様
平素より、白白庵の企画・運営に多大なるご協力・ご愛顧を賜り、心より感謝申し上げます。
皆様ご承知の通り、世界中に蔓延するコロナウィルス禍によって今までの「当たり前」はそうではなくなりました。
今まさに私たちの住む場所も例外ではなく、時々刻々とその脅威に直面しております。

私たちはこの問題が発生して以来、注視を欠かさず安全・清潔な環境作りを整え、皆様に安心して訪れていただけるように頑張ってまいりましたが、もはやいつここから感染者が出るかもしれず、最悪のケース(ホットスポット化)も否定できない状況となりました。

今日に至るまで様々なアイデアを検討してまいりましたが、文字どおり苦渋の決断をせざるを得ません。
私たちは本日をもって当面の間、白白庵の店舗営業を休止する事を決定致しました。

後手後手に回る対応策を打ち出すのは、関わってくださる作家の皆様、楽しみに待っていてくださるファンの皆様に更なるご心配とご迷惑をおかけすることとなります。そのため、期限を定めず《誰もが安心して外出できる日常》が戻るまで、今までのような形でのギャラリー運営は行わないことと致します。

しかしながら、何もせずじっと脅威が去るのを待つわけではありません。
私たちはこのタイミングでこそ、次の時代を見据えた新しいギャラリー運営のあり方を模索し、かねてから必要性を感じていたEC(ネット通販)システムを立ち上げ、オンラインギャラリー・ショップによって国内外に私たちのメッセージとともに、素晴らしい作家たちのクリエイションを届けたいと考えています。
そして近い将来、《誰もが安心して外出できる日常》が戻った日には、また新たな希望を持って白白庵をオープンしたいと思います。

今は誰もが「当たり前」を我慢し、自分や他者の健康と命を最大限に守らなければなりません。
たぶん大丈夫だろう、ではなく、誰もがリスクを負う中での店舗営業は、私たちの望むことではありません。

ちょうど1年前の3月30日に全館リニューアルオープンした白白庵では、たった一年の間に多くの忘れられない幸福が訪れ、多くの皆様に楽しい時間を過ごしていただき、SNSなどを通じて世界中に私たちの提唱する「JAPANESE HYBRID ART」の魅力を感じていただけたと自負しております。
その歩みを止めるつもりは全くありません。この先に必ずもっと大きな目標を達成できると信じています。

2001年に京都でギャラリー・カフェ「neutron」を立ち上げ(~2011)、2009年には現・白白庵の場所を「neutron tokyo」としてスタートし(~2012)、2013年から「白白庵」の看板を掲げて多くの企画業務を行ってまいりました。その間にはリーマン・ショックによる株価暴落や、東日本大震災も経験しました。いずれの状況でも、私たちは怯むことなくチャレンジを続けてきました。
この局面を打破するには全ての力を結集し、希望を捨てず、前に進むしかありません。

どうか一日でも早く、《誰もが安心して外出できる日常》が戻りますように。
その間の世界に希望が失われず、皆様が健康でありますように。
私たちも知恵を絞り、厳重に警戒し、多くの皆様と再びここに集える日を楽しみにしております。


2020年3月30日

白白庵主宰・有限会社ニュートロン代表取締役
石橋 圭吾
上記の決定に基づき、今後の運営方針を以下のように致します。

・ギャラリー「白白庵」(東京都港区南青山二丁目)は本年3月30日より、店舗営業を休止とする。
 期間は定めず国内外の状況の推移を見ながら、然るべきタイミングで判断する。

・本年4月末を目標とし、EC(ネット通販)サイトを発足させる。
 従来の取り扱い作家・作品の紹介、本来予定していた展覧会(個展・グループ展)のための新作の特集、従来は店舗内で紹介しきれなかった作品・ストックなど、店舗よりも内容を大幅に拡充し、いずれも注文~決済~発送まで一括で管理運営する。
 *購入検討作品を実際に白白庵で見て購入できるシステムを検討する(完全予約制)。

・動画配信コンテンツの作成及び公開を目指す(時期目標は現段階で定めず)。
 日本各地で制作・活動する作家の状況のレポート、インタビュー、作品の紹介、バーチャルイベントの開催など。

・対外的企画業務(ホテル・レストラン会場などのアートコーディネート、百貨店企画など)については、関係各位と協議の上で継続の可否を決定する。

・各地のアートフェア・展示会などのイベント出展参加については、状況を見ながら判断する。

・今後の状況の推移に対応する運営方針の発表については、白白庵公式サイト、メールマガジン、SNSにて随時行う。
◎現在白白庵店頭にて売約済及び取置きとなっている作品の受渡しについては、店頭にてお引き渡し対応が可能です。
 お引き渡し対応可能日時については、改めて弊社担当者から連絡させていただきます。
 お急ぎの方は白白庵までご連絡ください。

 お問い合わせ TEL. 03-3402-3021(11時~19時/木曜定休)または メール info@pakupakuan.jp までお寄せください。

 
【《Important》Suspend shop business and its countermeasures in future】
Dear all people involving in PAKUPAKUAN

Thank you sincerely for your cooperation and support of PAKUPAKUAN’s project and management.
As all of you know, dew to COVID-19 spreading all over the world, “ordinary” daily life has been changed.
Places, where we live, are no exception, and we are facing the threat.

We have kept PAKUPAKUAN safe and clean to welcome guests while gazing at the social situation since this problem happens. However, cases of infection might be discovered here at any moment and in the worst case, the store would be the hot spot of the virus.

We have discussed several ideas until today, but we have no other choice but to do so; We have determined to suspend the store business from the 30th March for the time being.

If we took countermeasures after the government announced, we would trouble all artists who involve us and would make fans who wait for exhibitions worried more.
That is why we decided NOT to conduct business in a conventional way until everyone can safely go out, without determining the end date of this suspension.

However, it does NOT mean that we do nothing until the threat disappeared.

We think that this is the time to seek new ways of gallery management and to start EC (online shop) system that we have found it necessary to transmit the creations of talented artists to inside and outside Japan with our messages through online gallery shop.
And in the near future, when everyone can safely go out and back to normal life, we will open PAKUPAKUAN with new hopes.

Now all of us must restrain ourselves from living as usual to save ourselves and others’ health and lives at the maximum.
We do not hope the business at the store while everyone faces risks.

PAKUPAKUAN renewed and opened the 30th March of just one year ago. During just one year, unforgettable happiness has come here, and we are proud that many of you spent an enjoyable time here and people all over the world feel the charm of “JAPANESE HYBRID ART” via SNS.

We do not intend to stop the progress at all. We believe that we would be definitely able to achieve bigger goals.

In 2001 we opened the gallery cafe “neutron” (until 2011), in 2009 we started business as “neutron tokyo” at the place of current PAKUPAKUAN (until 2012), in 2013 we have conducted many projects as “PAKUPAKUAN”. During these periods, we experienced stock price crush by Lehman shock and the Great East Japan earthquake. Under those circumstances, we have kept challenging without flinching.
In order to break this situation, we have no choice but to gather all of the power and go forward without giving up hopes.

We hope that we can return to a normal life, even if it is only a day sooner and that you are healthy during it.
We rack our brains, keep strict guard and, look forward to gathering here with all of you again.


30th March 2020
The head of PAKUPAKUAN / representative director of limited company neutron
ISHIBASHI Keigo
Based on the determination above, we decide our future policy as follows;
・Gallery “PAKUPAKUAN” (Minami-Aoyama 2, Minato-ku, Tokyo) suspends store business from the 30th March 2020.
 We do not decide the period of the suspension and will decide the end date at the proper timing while seeing the transition of domestic and foreign situations.

・With the aim of implementation by the end of April 2020, we will launch our EC website (Online shop).
 We have much more content on the website than our current store such as the introduction of familiar artists and their works, upload special programs of new works for originally intended solo/group exhibitions, and show artworks/stocks that we did not have space to display in the current store.
We manage all procedures such as order, settlement, shipping.

・We consider a system to purchase works after looking at them in PAKUPAKUAN when customers examine them. (advance reservation only)

・We aim to make and upload video content. (The periods to upload are not determined)
 We will share the report of artists who make works all over Japan and their interviews, introductions of their work, and conduct online events.

・ We will decide whether we continue to collaborate events (such as art coordinations at hotel/restaurant, projects at department stores) based on the discussion with the people involved.

・We will judge whether we participate in local art fairs/exhibitions while seeing the transition of domestic and foreign situations.
・We will update our business policy to respond to a future situation and its transition on PAKUPAKUAN official website, mail magazine, and each SNS.
◎We can hand over the works at PAKUAPKUAN when you have already purchased or put aside them.
 The person in charge will contact you about the date to hand over.
 If you are in a hurry, we would like you to contact us.

Inquiry: TEL. 03-3402-3021 (from 11 am to 7 pm / every Thursday is closed).
    Mail. info@pakupakuan.jp